tel.0296-37-4541 
お気軽にお問い合わせください。
※ご予約の方に限り日曜日も受けております。

HEAD OFFICE - 筑西本社 -
〒308-0103 
茨城県筑西市辻1510-3
TEL:0296-37-4541 / FAX:0296-37-7858
営業時間:8:00 ~ 17:00 
定休日:日曜日

OYAMA OFFICE - 小山営業所 -
〒323-0829 
栃木県小山市東城南4-32-9
TEL:0285-31-6128 / FAX:0285-31-6137
営業時間:8:00 ~ 17:00 
定休日:日曜日

Copyright©Saiken. All Rights Reserved.

Performance性能について

HOME > 性能について

サイケンの家は性能にこだわります

サイケンが建てる家にはもれなく高い性能が付いてきます。高性能な家しかつくらないということ。

それは20年以上前から変わらない姿勢です。孫子の代まで誇れる付加価値ある住まいをつくり続けています。

そんなサイケンの家の高性能を支える二本柱をご紹介します。

 

高性能住宅「FPの家」

『FPの家』は、高性能断熱材「FPウレタン断熱パネル」を使って建てる超高性能住宅です。

その優れた性能と永く高性能住宅をつくり続けてきた施工技術により、経年劣化せず頑丈で安全安心な住まいをつくりあげます。

夏涼しく、冬は暖かい、一年中快適な温湿度を保つことのできる快適な空間。

そう、まるで魔法瓶のような住まい・・・。

『FPの家』は30年も前に厳寒の地、北海道で生まれた高断熱・高気密住宅です。

当時は、茨城では誰もまだ「高断熱・高気密住宅」に見向きもしていなかった時代。

斉藤建築工業は20年以上前に「これからの住宅は快適で省エネルギーで安全・安心な家でなくてはいけない」との思いから取り組みはじめ、今ではここ筑西、小山を中心に茨城県・栃木県にて100棟以上の『FPの家』を建築しています。

その快適さは、住まわれた多くのお客様の笑顔が証明してくれています。

高性能住宅「FPの家」

 

FP工法

屋根 FP遮熱パネル

夏は涼しく、冬は暖かい。ロフトや吹き抜けも可能。部屋のすみずみまで快適空間を実現します。
※屋根の遮断処理については、異なる断熱材を使用する場合もあります。

壁 FPウレタン断熱パネル

硬質ウレタンフォームによる高い断熱性能。耐水性・耐久性に優れ、経年劣化がほとんどありません。

床 FP床パネル

ウレタンの優れた断熱性と保温性が床下からの冷気・湿気をシャットアウト。
※床断熱については、異なる断熱材の場合もあります。

 

ただの断熱材じゃない!地震にも強いFPの家

”本当の高断熱・高気密住宅”とはどんな家でしょうか?

カタログ上の数値や完成した家からでは解からない徹底した施工性の秘密を工場や現場から探っている『FPの家』の施工動画をご覧頂けると一目瞭然。

現場ドキュメント『FPの家』強さのヒミツ ~これ、ただの断熱材じゃない~ をご覧ください。

 

体への負担をなくす家と健康の関係

全ての部屋の温度ムラをなくすのに重要な役割を果たすのは、「断熱・気密」。
「断熱」とは住宅内の熱を逃さず、外の熱を入れないこと。「気密」とは家の隙間をなくし、密閉すること。
いくら見た目のデザイン性が高くても断熱性と気密性が低い住宅では壁や天井・床などから逃げる熱が多くなり、調節した室温が知らず知らずに失われ、適温に戻す為に『冷暖房費』がかさむことに。
快適な家を目指すなら、「断熱性・気密性」は第一に意識しなければなりません!

体への負担をなくす家と健康の関係

 

快適に過ごせる家にするためのカギは「断熱性・気密性」

高断熱・高気密、24時間計画換気を実現した「FPの家」だからこそ、どの部屋も温度差の少ないクリーンで健康的な室内環境が保てます

例えば、一般住宅で寝室の温度が10℃の場合、寝具の中の温度は約30〜33℃。
夜中、トイレや廊下の温度が8℃だとすると、こういった温度差が体に大きな負担を与えます。この状態がヒートショックを誘発し、家庭内死亡の原因の一つとなります。
月別の死亡割合は冬に増加し、夏は減少するものの年間約17,000人もの人がヒートショックで死亡しており、過去、約50年間変動がありません。そのような事故を未然に防ぐ為、家全体の温度差を無くし一定のあたたかさを保つことで体への負担は少なく、健康状態も変わってきます。また高断熱による健康改善の効果が改善率として数値にも表れており体温を1℃上げることが健康につながることも実証されています。

一般の住宅とFPの家の比較

 

夏の暑さや冬の寒さなどに影響されることなく、1年を通じて快適な環境を保てる住まい

部屋の温度が一定に保たれるため、ヒートショックがありません

ヒートショックとは、「家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のこと」です。
例えば、寒い冬の季節に、暖かい部屋から寒い浴室に入り、熱いお風呂に入るような急激な温度変化は、血圧が大きく変動するため、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こす恐れがあります。
ヒートショックが原因で亡くなる方は、年間1万人以上いると言われています。

ヒートショック死亡者数

※1 東京都健康長寿医療センター研究所「2011年・入浴中の心肺機能停止者数」
※2 全日本交通安全協会「平成25年中の交通事故死者数」

 

熱中症の43%が家の中。体を守る家って?

夏のニュースで耳にすることも多くなった「熱中症」。屋外や車の中でかかるイメージがあるかと思いますが、熱中症の最も多い発生場所は毎日生活を送る居住スペースなのです。特に乳幼児、高齢の方の搬送率が高く、また室内で飼われているペットにもおこりうる、最悪の場合死亡に至る、身近でありながら恐ろしい病気です。

 

暑い夏、適切な対策が行われていない家は“凶器”に変わります

窓を開けても風が通らず熱がこもる。電気代が気になって日中夜問わずエアコン温度をセーブして我慢するなど、特に珍しくはない夏にはよくあるシーンですが、このような例が高温多湿な環境を生み出し熱中症の原因になることもあるのです。

 

アトピー・アレルギーの改善

“FP家族”が実感する驚きの体験リポート

Aさん一家の元気いっぱいな兄弟は、以前は兄弟ともにアトピーで皮膚科通いが欠かせませんでした。「以前はすき間風やカビのほか、猫アレルギーの影響もあり、ふたりのアトピーが本当にひどい状態でした。人から『どうしたの?』と聞かれるのが嫌で、息子たちを外に連れて行けないくらいでした」と奥さま。
しかし、「FPの家」に住んでからはみるみる快方に向かったとのこと。夜中にかきむしって布団を血だらけにしてしまうほどだったアトピーが改善され、兄弟はもちろん、夫妻も心配から開放されて気持ちが明るくなったそうです。

“FP家族”が実感する驚きの体験リポート

 

アレルギー症状の改善

FP工法で家を建てると、耐水性の高い構造のため、結露が起こりにくく、カビの発生を抑制されます。そのため、アトピーやぜんそくなどの症状改善が期待できます。
また、気密性が高いため、外から花粉の侵入を防ぎます。「家の中にいると花粉症の症状が治まる」というお客さまも多くいらっしゃいます。

アレルギー症状の改善

 

FP工法スタイル(FPの家)

『斉藤建築工業が『FPの家』の建築で培ってきたノウハウと施工技術を用い、開発したオリジナル工法です。

壁はFPパネル、屋根は遮熱シート付きウレタン断熱材または、セルロースファイバー等、適材適所に性能の高い断熱材を使用。

窓には、樹脂のペアガラス+樹脂スペーサー+アルゴンガス入りのサッシを使用し、結露を抑え、快適で健康的な暮らしを実現。

長期優良住宅にも、最新の省エネ基準にも標準で対応した安全安心の住まいです。

ベタ基礎
ベタ基礎

土台
土台(910ピッチ)

二階床組
二階床組(1階は24mm・2階は15mmの床で安心)根太455ピッチ

FPパネル
FPパネル 105mm

FPの断熱
FPの断熱

屋根遮熱ルーフ
勾配天井の場合は屋根遮熱ルーフ

セルロースファイバー
屋根フラットの場合はセルロースファイバー300mm

 

スーパーがっちりくんスタイル

ベタ基礎
ベタ基礎

ガッチリ君土台
スーパーがっちりくん土台(455ピッチ)

二階床組
二階床組(1階・2階は15mm)根太455ピッチ

床パネル
床パネル(ラクティ55mm)

屋根遮熱ルーフ
屋根遮熱ルーフ

セルロースファイバー
屋根フラットの場合はセルロースファイバー200mm

 

FPの家のモデルハウス

茨城県筑西市幸町3-15-4